レイキ療法とは

レイキ(靈氣)を用いた手当て健康法、手当て療法、レイキヒーリング

欧米諸国では、既にメジャーな存在となってる日本発祥のレイキ療法(レイキヒーリング)は、医療現場、美容業界、スポーツ業界など、様々な分野で効果を発揮しています。

レイキ療法は、肉体、精神、感情、霊性に作用する気功術であり、アチューンメントを行えば誰もが使う事が出来るようになります。

施術を受けるだけでも多くの恩恵を受けられますが、自分自身がレイキが使えるようになるとさらに多くの恩恵や気付きと出会う事が出来るでしょう。

レイキの作用には個人差がありますが、以下にレイキ療法の特徴の一部をご紹介します。

CURE+HANDSでは、医療法、医師法に則りレイキ療法は治療ではなく、手当て健康法としてご紹介しております。

元気の補充、自己治癒力のアップ
レイキを取り込むことにより、体内のエネルギー環境が整い、自己治癒力、自己調整能力が向上する。
元気の源である自分自身の気(元の気)が充填され、元気が良くなる。
その為、体調を崩しにくくなったり、体調が悪くなっても回復が早くなる。
他者へのヒーリングが可能になる
大事な家族や友達、恋人にレイキ療法を施すことが出来ます。
ちょっとした疲労、肩こり、頭痛、腹痛など、手を当てる事で症状の緩和のサポートをしてくれます。
日頃の健康増進法のひとつとしても、お勧めです。
ペットをはじめ動植物も癒せる
家族の一員であるペットや、大事に育てている植物にもレイキは使えます。
日頃の健康管理や、病気治癒の時のサポートに活用することが出来ます。
睡眠の質が高くなる
質の高い睡眠は、体調を整える上で大変必要とされています。
レイキを利用すると、眠りが深くなり良く寝られるという報告が多くされています。
相乗効果を生む
病気や怪我で治療をされている方に、治療を続けながらもレイキ療法を施すことにより、治癒のサポートが期待できます。
実際に、病院の治療だけでは改善が見られなかった方がレイキ療法を受ける事により、改善への大きな変化が見られています。
感情や精神の安定に
レイキは肉体だけではなく、感情や精神にも作用します。
アメリカにおいては、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療にもレイキ療法が使われています。
日頃のメンタルケアとしてお勧めしています。
他者からのネガティブなエネルギーを受けにくくなる
人と接する上で、気疲れしたり、元気が無くなったりする事が多い方にレイキ療法はお勧めです。
レイキを体内に取り込むことで元気を補充し、相手から受けるネガティブな波動も体外に排出します。

レイキ講座では、初級、中級講座での内容となります。