臼井式レイキとは

大正時代に臼井甕男(うすいみかお)氏によって確立された世界中に広まっている手当て療法

諸外国では、大病院などで代替療法として用いられ美容業界では、高級スパメニューとして活用されるなど世界中で活用されている日本発祥の気功術(エネルギーヒーリング)です。

レイキは古来より存在しているもので、中国では「気」、インドでは「プラーナ」、ハワイでは「マナ」等の名称で呼ばれています。

また、レイキとは、この宇宙で(地球を含む宇宙空間で)ものが生み出される時の波動を持つエネルギーとも言われています。

エネルギーには色々な種類がありますが、そのうちの一つがレイキエネルギーであり、生命エネルギー、宇宙エネルギーなどと呼ばれています。

レイキは、宇宙に遍在し、無尽蔵であり「愛」「調和」「癒し」の性質を持つ穏やかなエネルギーです。

レイキが我々の体内に満ち足りている時、我々の心身はバランスの取れたいいコンディション(元気がある=元の気が満ちた状態)を保ちます。

【人生を豊かにするレイキの学び】

日本伝統臼井式レイキの2つの特徴